自己肯定感をあげる方法

この文章を読むことにより自己肯定感とはなにか?何をやっても中途半端で、胸を張って得意なことを言えない。たくさん努力をしているはずなのに、結果が伴わない。

そんなことを繰り返している内に、いつの間にか「自分は何をやってもダメなんだ」と思ってしまう。

何をやってもダメな自分を疎ましく思うと、挑戦する気持ちが失せたり今ある大切なものさえ見えなくなってしまったりします。

そういう状態で人と関わると、不用意に傷ついたり傷つけたりしてしまうものです。

そしてそれに気づいて自己嫌悪を繰り返すのは、まさに負の連鎖。辛いですよね。

しかし、本当はあなたにも得意なことがあるはずです。
今は見えなくなってしまっていますが、あなたの素敵なところは必ずあります。

これが見えなくなって、ダメなところばかりに目がいってしまうのは、自己肯定感が下がっているせいでしょう。

自己肯定感について知識を深め、理解することで自己肯定感を持ち直すきっかけを得ることができます。

そして、考え方の癖を知り、本来のあなたの良さを一緒に見つめ直してみましょう。

この記事は、カウンセリング会社のライフファクトリーによりご提供をいただきました。
無料で自己肯定感を高めるための改善方針を知りたい方は、ライフファクトリーの公式サイトへ飛んでください。ここをクリックすると、公式サイトに飛びます。

目次

自己肯定感とは何?

1-1基本的自尊心:社会的自尊心がある

自己肯定感というのは、文字通り自分を肯定する気持ちのことを表します。

どんな人間にも良いところと悪いところがありますよね。

良いところも悪いところもありのまま認めるというのが、自己を肯定するということです。

「自分なんて何をやってもダメなんだ」というのは、自分を否定してしまっていますよね。

これは、自己肯定感が低い状態です。

基本的に人は体調や心の具合で結構自己肯定感に幅があるものです。

ですから、自己肯定感が高い時や低い時があるというのは自然なことですし、これによって自己肯定感が「上がる」「下がる」というように表現することがあります。

さて、自己肯定感はさらに、基本的自尊心と社会的自尊心に分類することができますので、それぞれを詳しく見ていきましょう。

1-2基本的自尊心とは?

基本的自尊心というのは、自分の存在そのものを肯定することができるという気持ちです。

「生まれてきてよかった」

「生きているだけで花マル」

「自分が大切」

このように思えることを基本的自尊心と言います。

基本的自尊心は、どんなことをもってしても否定することができない、誰でもこう思っていいという気持ちです。

「自分なんて…」と思っている人は、是非「理由なんかなくても自分は生きていていい」という基本的な自尊心があることを知って欲しいです。

1-3社会的自尊心とは?

社会的自尊心というのは、社会生活の中で芽生える自尊心です。

人と暮らしていく中で、自分にできることや人の役に立つことなどを行うことで、自分に価値があると思うことはありませんか?それが、社会的自尊心です。

日本人は、この社会的自尊心がかなり低い傾向にあります。
それは、「謙遜」という文化でもあるように、自分を低く見せることが美徳とされるからです。

また、日本の学校は集団で生活する時間が長いので、集団の中での自分の立場や順位を気にしてしまいがちです。

誰かと比べて自分はどうであるか、ということを気にしながら生活することで、ありのままの自分を認めづらくなっているのです。

1-4成功すれば自己肯定感が上がるのか?

自己肯定感とは、成功をすることだけではなく自分自信を大切にしてあげることにも繋がります。

自己肯定感とはどのようにして高めていくものなのでしょうか?自己肯定感が下がる大きな原因の一つとして「失敗」があります。

失敗してしまった時に「自分はもうダメだ」と自分を否定するのが、自己肯定感の低い人の特徴です。

自己肯定感が低くなっていると、少しの失敗や間違いに異常に囚われてしまう傾向があります。

もう終わった過去のことや、誰にでもあるような小さな失敗であっても、人生が終わったかのような絶望感を感じてしまいます。

こうした人たちは自己肯定感を上げるために、成功し続けなければならないのでしょうか?

いいえ、大切なのは失敗した時に、自分をありのまま認めてあげることです。

開き直りや、無理に慰める必要はありません。

「失敗してしまったんだね」とありのままを受け止めましょう。

どこかに失敗した原因はあるはずですが、挑戦したことやそれまでの過程全てを否定するのは自分がかわいそうです。

このように自分を少しずつ認めて大切にしてあげてください。

それが、自己肯定感を上げるための最初のステップとなります。

1-5いつでもポジティブでいることは正解なのか?

何があっても自分は大丈夫!と単純に思い込んでいることが正解とは限りません。

自己肯定感が高いとは、単純にポジティブであるというわけではありません。

正しく自分を理解し、受け止めるということです。大げさに言うと、例えば自分に万引きする癖があったとして、それを「悪いことだけど、これは自分だから!」と認めるのはただの開き直りです。

自分の弱さに目をつぶり、甘やかしているだけになってしまいます。

このように、いつもポジティブでいれば自己肯定感が上がるというわけでもないのです。

ポジティブ=正解ではないということを覚えておきましょう。
時には、ネガティブに自分の弱さを見つめることも必要です。

大切なことは、どちらかに偏りすぎないということです。

2しあわせとはなに?

2-1自分は幸せになるべきだと許可をしてあげる

自分には不幸がお似合いだと思っているうちは、幸せになることはむずかしいでしょう。

なぜなら、不幸な点ばかり探す癖が日常生活に紐づいているからです。

最初にお話しした通り、「自分なんて何をやってもダメなんだ」と思って生きていくのはかなり辛いです。

死ぬまでそんな気持ちで生きていくのは楽しくありませんよね。

誰もが幸せに生きていきたいと願っているはずです。

幸せに生きていくためには、自己肯定感が高い方が良いでしょう。

しかし、「自分なんてどうせ幸せになれない」「自分は不幸なままでいい」と思ってしまうのなら、なかなか難しい状態です。

そのような状態では、自分の良いところを見つけるのは難しいですよね。

自分の悪いところ、できないところばかりを見てしまう癖がついてしまっているのです。

2-2幸福の4割は自分で決めることができる

お金がないから、家庭環境が悪いからで一概に決めることはできません。

どんな時も気持ちの持ち方ひとつで幸せにも不幸にもなることができます。

自己肯定感が低いと、自分の幸せを環境に任せる傾向があります

人はそれぞれ、生まれた環境が違いますし親も選べません。
もしかしたらものすごく不幸な生い立ちがあるのかもしれません。

しかし、そういう環境だからその人は一生不幸かと言うと、そうとは言い切れません。

生まれた環境が辛くても、周りの人たちが心なくても、自分だけは自分自身を大切にすることができます。

自己肯定感が低い人は、環境や周りの人たちに自分の幸福度を左右されると思ってしまいますが、本当は違います。自分の幸せは、自分で決めるものなのです。

2-3お金としあせの関係性

お金はあるに越したことはありません。お金があれば往々のことはできます。

しかしだからと言って幸せになれるかと言われるとそうではありません。

幸せになるには今の状況で楽しいと感じることを見つけることが必要です。

幸せになるために、お金は必要でしょうか?

もちろん、最低限の生活を送るためにお金は必要ですが、有り余るほどのお金を持つことが幸せなのでしょうか?

そういった幸せを得るために努力する人ももちろんいるでしょう。

しかしそれだけが幸せの形ではありません。

なぜなら、お金を得ることを幸せとすれば、お金を得るまでの過程が辛くなる可能性が高いからです。

今が幸せ!という状況を手にするためには、今楽しめることがたくさんある方がいいのです。

3-1今の自分の考え方を知ろう(ワーク)

先ほどお話しした通り、自己肯定感を高めるためには自分を良く知ることが大切になってきます。

ここでは、自分を知るためのワークを行っていきましょう。
実際にメモを取りながら、次の4つの質問に答えていきましょう。

 

Qあなたにとっての自己肯定感とは?

Qこのままの自分でいいと思う時はどんな時?

Q自分のどんなところが嫌いですか?

Qどんなことをしたら嫌いから好きに変わると思いますか?

最後の質問には、うまく答えられたでしょうか?

今はまだ嫌いだと思うところを好きになるのはなかなんか難しいことですが、ゆっくり好きになっていけるように、漠然としていて構わないので好きになれる方法を考えてみましょう。

3-2自分を縛っているものに気付こう(ワーク)

続いて、もう少しワークを続けていきましょう。

また同じようにメモをしながら次の4つの質問に答えていってみてください。

ステップ1 〇〇してはだめだと決めているものはいくつありますか?

ステップ2 それが本当に必要だと思いますか?

ステップ3 その理由も書いてみましょう。

ステップ4 もしも第三者なら同じように00するべきだと伝えますか?

実は、自分自身を窮屈にしているのは自分の「考え方」であるということをお分かりいただけたでしょうか?窮屈な考え方はやめてしまっていいです。

これは、誰の許可もなく自分の判断で変えて良いことだということを忘れないでください。

4自分で自分に優しくになるためには?

4-1自分自身に思いやりを持つ

自分のことを自分自身と捉えるのではなく、自分のことを親友だと思ってください。

不安感で動けない時、恐怖心で困っている時慰めてあげてください。

自分に対して温かい気持ちを持ってあげてください。

自己肯定感が低い人の多くは、とても自分に厳しいです。100点でなければならない、
できなきゃいけない、そんな風に自分自身で自分を縛り付けていることが多いです。

もちろん、最初からそうだったわけではないはずです。誰かに言われた言葉が原因で、そうなってしまったのかもしれません。

ですが、誰もあなたを縛ることなんてできません。こうした呪縛から逃れるために、自分自身にもっと優しくしてあげましょう。

親友が同じような呪縛に苦しんでいる時、あなたはきっと手を差し伸べるでしょう。

同じように、自分も助けてあげてください。自分を他人の一人だと思って接すると良いです。

一番近い存在として、大切にしてあげてください。

そう考えると、小さな失敗で怒鳴りつけたりしないし、結果が思うようにいかなくても励ましたりするはずです。

自分の気持ちを真正面から受け止めてあげて、親友だと思って声をかけてあげたらいいのです。

最初は違和感があると思いますが、誰に見られるわけでもありません。実際に声に出して、自分を助けてあげましょう。

4-2完璧な自分であろうとしない

常に、「正解」「不正解」のつのことで判断をしないこと。「善」か「悪」でも判断をしないこと。

自己肯定感が低い人の中で、完璧主義に苦しんでいる人もまた多いです。

物事を「正解」か「不正解」かの2つで捉えてしまうと、不正解は許せないし、正解でなければ生きている価値がないとさえ思ってしまいます。

世の中、2つに分けられることって実はそんなにありません。性別でさえ、今はもう男と女だけではありませんよね。

色だって無限にあるし、それぞれ見えている世界は全て違います。

正解か不正解かという2つに綺麗に分けられるほど、世の中は簡単にできていないのです。

どちらにも該当しないようなものがたくさんあります。ですから、物事を2つに分けるというのは「できない」ことだと思った方がいいでしょう。

同じように、自分が正解か不正解かなんて考えなくて大丈夫です。

どちらにも該当しないのです。あなたはそのままの状態で存在して良いということです。

4-3ネガティブな部分も受け止めてあげる

自分も他のひともみんな完璧な人などいないことを知る。自分の欠点も受け止めてあげること。

そんな風に、完璧な人間なんていないということを心の底から理解することができたら、これまで自分を縛ってきたものがスッと溶けていくはずです。

自分も完璧なんかじゃないということがわかればそれだけで大丈夫です。

最初も言った通り、人間には良いところも悪いところもあって、悪いところがない人はいません。

悪いところがあって、他人に迷惑をかけているのなら直す努力は必要かもしれませんが、それだけを見て「自分はダメなやつ」だなんて思わなくて大丈夫です。

みんなそういう部分を持っていますよ。

ネガティブなことに遭遇した時は?

5-1現実逃避をしない

現実に起こっていることから目を背けないこと。失敗したことや、これからやるべきことをしっかりと受け止めてあげること

大きな失敗をしてしまった時、間違いをおかしてしまった時、すぐに「自分はダメなやつ」と思わないようにしましょう。

まず、何があったのか事実をしっかりとらえます。そして、何がダメだったのか、これからどうしなければならないのかを考えましょう。

冷静かつ客観的に見て、あたかも親友にアドバイスするかのようにしてみてください。

とても難しいことですが、これが自分を大切にするということなのです。

きっと、焦りや心配などの負の感情も湧き出てくるでしょう。

しかしやるべきことはしっかりやらなければなりません。この時こうした負の感情は邪魔になってしまうのです。

5-2感情に支配されない

「嫌だ」「無理」などの負の感情に支配されないこと先ほども触れたように、負の感情に支配されてしまうと適切な行動がとれなくなってしまうことがあります。

自分はダメなやつだという気持ちでいると、正しい判断ができずにより大きなミスをおかしてしまうこともあります。

こういう時は、行動と気持ちを区別することが大切です。

あふれ出る負の感情に支配されてしまうようなら、一旦すべての気持ちを書き出してしまいましょう。

しっかりと時間を決めて、その時間は気持ちだけに集中します。

時間がきたら、それは一旦置いておいて次に事実把握、今後の取り組みについて真剣に考えていきます。

このように、気持ちと行動を区別することができるようになると、感情に支配されずに過ごせるようになります。

5-3今、何ができるのかを考える

今からできることを冷静に考えること。

第三者の気分で取り組むと改善策を見出すことができます。

そして、行動した結果が自信に繋がり自己肯定感に繋がります。

自分のおかした失敗や間違いではありますが、自分自身を他人のように扱うというのは大切な処世術です。

自分だから責め立ててしまいがちですが、他人ならそのようにはしないはずです。

そして、感情と行動を区別して何ができるのかを考えることで、感情に支配されている時よりもスムーズかつスピーディに次の行動に移っていけるはずです。

こうしたことを続けていければ、失敗をしても対処できるようになり、自分に自信が持てるようになります。

<まとめ>

自己肯定感が下がってしまっていると、考え方の癖が強くなったり自分自身を正しく見られなくなったりと、生きづらさが増していきます。

しかしちょっとした考え方やものの見方を変えるだけで、自己肯定感は少しずつ取り戻すことができるのです。

あなたは無条件にそこにいていい存在ですし、欠点があってもいいのです。

ありのままの自分を受けとめてあげてください。

もしももっと深く自己肯定感について学びたい、勉強会をしたい場合はお気軽に下記のお問い合わせフォームよりご連絡をください。

一般社団法人スマイルライフは全てのひとに学ぶ機会を平等にするために無償で活動をしています。

25歳以上で余裕のある方はお気持ち程度寄付をしていただけますと幸いです。

この記事は、カウンセリング会社のライフファクトリーによりご提供をいただきました。
無料で自己肯定感を高めるための改善方針を知りたい方は、ライフファクトリーの公式サイトへ飛んでください。ここをクリックすると、公式サイトに飛びます。

無料の心理講座のお知らせがほしい方へ

スマイルライフとライフファクトリーのコラボ企画で、定期的に無料で心理に関するセミナーを開催しています。カウンセリングスキルや不安を解消する方法、マインドフルネスの体験会などを実施しています。ご希望の方は、フォームよりご連絡をくださいませ。


    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる